読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第29回春日部大凧マラソン大会

去る2017年5月4日(木/祝)、埼玉県春日部市で「第29回春日部大凧マラソン大会」が開催されました。

スタート/ゴール地点となる「庄和総合公園(春日部市庄和総合支所)」の最寄り駅である、東武野田線(アーバンパークライン)南桜井駅から無料送迎シャトルバスが運行されました。

 

当日は、朝日自動車が運行にあたる埼玉スタジアム浦和レッズ戦も開催されたため、どんな配車になるのかと思っていましたが、ここ数年と同じく、越谷、久喜の車で埋め尽くされていました。もしかしたら埼スタの方に遠方の営業所が出ていたか、東武バスが幅を利かせて埼スタに普段より多く出していたのかもしれませんが、流石にそちらは未確認なので何とも言えません。

 

以下、号車リストと写真です。全部掲載すると多いので、抜粋して掲載します。

<号車リスト>

号車番号----社番----所属営業所

1-------------2292---久喜    ★読売・スポーツ報知旗掲出

f:id:JBUS2017:20170504231247j:plain

2-------------2226---久喜

3-------------1091---杉戸    ★今回唯一の小型車 ★朝日表示

f:id:JBUS2017:20170504231300j:plain

4-------------2375---菖蒲    ★初の新型エルガミオ  ★朝日表示

f:id:JBUS2017:20170504231313j:plain

5-------------2098---越谷    ★今回唯一のレインボーHR

6-------------2350---越谷

7-------------2321---越谷

8-------------2269---越谷    ★読売・スポーツ報知旗掲出

f:id:JBUS2017:20170504232624j:plain

9-------------2349---越谷

f:id:JBUS2017:20170504231342j:plain

10----------2300---越谷

f:id:JBUS2017:20170504232343j:plain

 

~写真解説~

1号車:3月の久喜マラソンに続いての充当となりました。今年は、自分が見始めて以降初めて、フロントガラス左下に読売、スポーツ報知の旗が掲げられていました。

3号車:まさかの小型車が充当されました。クレヨンしんちゃん25周年記念でラッピングされている春日部市コミュニティバス(春バス)で使用されている車ですが、マラソン大会の為「庄和地区南コース」の運行が休止となり、そこから捻出された車のようです。前日の大凧あげ祭り輸送にも出ていたようですので、輸送力よりもPRを優先した配車なのでしょう。杉戸が大凧マラソンに車を出すのは2014年以来です。中型の後部表示を流用すれば「大凧マラソン」表示も可能かもしれませんが、「朝日」表示でした。

4号車:大凧マラソン輸送には初めての登場となる新型エルガミオ。春日部市内を走る路線に新型エルガミオは走っていないので、営業としては初上陸でしょうか。菖蒲は杉戸同様、2014年以降は大凧マラソンに車を出していません。その当時からLED表示は「朝日」でしたので、それ以降にも特段ROMに追加するといったことはしてないようですね。

8号車:昨年も充当された車ですが、1号車同様に旗が掲げられていました。

9号車、10号車:越谷から緑のラッピング車がやってきました。2349は初の大凧マラソンかと思われます。2300は一昨年以来ですが、ラッピングがされて以降は初です。

 

エルガミオワンステップ車が多く輸送にあたっているイメージが強いのですが、それはもう過去のものとなってしまったようです。今年は比較的新しめの車が多く入っていました。古参と言える車は2098だけですが、2098とは相性が悪くタイミングが悪く撮れなかったり撮影ミスをしたりと、今年を含め3年連続で負けています。

昨年越谷が出してきたツーステップ前後扉レインボーRRは、今年は来ていませんでした。

特筆される点としては、3年ぶりに杉戸、菖蒲の車が充当されていたことでしょうか。

関鉄パープルバス P025

f:id:JBUS2017:20170503212802j:plain

所属-関鉄パープルバス下妻本社営業所

社番-P025

登録ナンバー-つくば200 か・570

型式-日産ディーゼル KL-UA452KAN改+富士重新7E

年式-1999年

備考-2015年、東急バスから移籍。

ファーム イースタン・リーグ 巨人vs千葉ロッテマリーンズ in越谷市民球場

【2017年4月23日 ファーム(2軍) イースタン・リーグ 巨人vs千葉ロッテマリーンズ in越谷市民球場】

2017年4月23日、埼玉県越谷市越谷市民球場で野球の2軍イースタン・リーグ戦が開催されました。

例年4月半ばの日曜日に、越谷市民球場で2軍の巨人戦が開催されており、越谷市民球場で行われる年1回の野球の2軍公式戦となっています。

 

例年10月の東武鉄道杯とは違い、シャトルバスは朝日自動車の単独運行となっており、今年も(東武線)越谷駅東口~越谷市民球場(総合公園)間で運行が行われました。

復路にあたる、試合終了後の越谷市民球場(総合公園)→越谷駅東口の運行を見て来ましたので記事にします。

当日は、ナンバーカード1~6番の6台が輸送にあたっていました。

<号車リスト>

号車番号--社番----所属営業所

1-----------2300---越谷

2-----------2214---越谷

3-----------2299---越谷

4-----------2237---越谷  ★今回唯一のレインボーHR

f:id:JBUS2017:20170423222920j:plain

5-----------2213---越谷

f:id:JBUS2017:20170423222943j:plain

6-----------2377---越谷  ★今回唯一の新型レインボー

f:id:JBUS2017:20170423222958j:plain

6台すべてが地元・越谷営業所の車でした。もしかすると、往路は7番以降の車がいたのかもしれませんが、確認していないのでその点は不明です。

往路は【[直通]総合公園】を、復路は【[直通]越谷駅】をそれぞれ表示して運行します。

どちらの表示も、自分が知る限りではこのイースタン・リーグの試合以外では表示されないかと思われます。(総合公園でイベント等がある場合、もしかすると走っていることがあるのかもしれませんが、私は確認できていません。)

往路の表示も魅力的なのですが、晴れてしまうと走る方角的に完全逆光なんですよね。

Panasonic OPEN GOLF Championship2017

【2017年4月22日 Panasonic OPEN GOLF Championship2017】

2017年4月20日(木)~4月23日(日)に渡り、千葉県野田市に所在する千葉カントリークラブ梅郷コースで、Panasonic OPEN GOLF Championship2017が開催されました。

ギャラリー輸送として、臨時シャトルバスが(東武線)野田市駅/ギャラリー駐車場~千葉CC梅郷C間で運行されました。この区間の運行は例年通り、東武バスイースト東武バスセントラルの2社が共同で行いました。この2社以外にも、関東鉄道バス関鉄観光バスの2社(いずれも路線タイプではない貸切車)と、地元観光バス会社2~3社がそれぞれ別コースのシャトルバスを運行していました。

 

4日間運行がなされますが、3日目にあたる4月22日に見て来ましたので記事にします。

当日は、ナンバーカード1番~20番[5~9欠番]の14台が輸送にあたっていました。

以下、東武バスセントラルは「C」、東武バスイーストは「E」の表記を付けます。

<号車リスト>

号車番号--社番----所属営業所

1-----------2967---E西柏

2-----------2950---E西柏

3-----------2846---E西柏

4-----------2847---E西柏

5~9------欠番(確認できず)

10--------2968---E西柏

11--------2913---E西柏

12--------2914---E西柏

13--------2845---E西柏

14--------2962---E西柏

f:id:JBUS2017:20170422180717j:plain

15--------2915---E西柏

16--------2963---E西柏

17--------2949---E西柏

f:id:JBUS2017:20170422180732j:plain

18--------2954---E沼南

19--------2970---E沼南

20--------2925---C三郷

ご覧のように、ほぼイーストの西柏から出していました。欠番部分がもしかすると、確認できなかっただけでセントラルだった可能性も否めませんが…。

一応、イーストとセントラルが同じ臨時輸送にあたるのは現在はこれだけのはずです。

また、番号からもわかるように、社2900番台のかなり最新の車が集められていました。

色々撮りましたが、いい感じに中々撮れなかったので、【野田】感が漂っている2枚のみの掲載で失礼します。

 

~写真解説~

1枚目:【野田】と言えば醤油。醬油工場の脇を通過する臨時東武バス

2枚目:往年の東武バス時代を彷彿とさせる状態となった、茨急バス野田営業所。

直通 大凧会館

f:id:JBUS2017:20170418225145p:plain

f:id:JBUS2017:20170418225153p:plain

レア度--★★★★☆

この表示は、毎年5月3日・5日に春日部市庄和地域の江戸川河川敷で開催される「大凧あげ祭り」アクセスの為に「春日部駅東口~大凧会館」で運行される臨時シャトルバスで使用されます。運行本数は、各日10本未満となっているので1年を通して表示を目にする機会は非常に少ないです。

行先となっている「大凧会館」は、東日本大震災による施設損傷のため長期休館となっいましたが、2014年4月1日に震災以降再開されずに閉館となり、現在は解体されています。しかしながら、2014年の閉館以降も朝日バスの臨時便の行先表示は「大凧会館」の表示がなされています。(※定期路線バスのバス停名も改称はされていません)

春日部駅東口~関宿中央ターミナル線の臨時区間便という扱いの為、近年は境営業所の車で運行さえていますが、以前は越谷や久喜等からも車が出ていました。代わりに越谷の車は近年、「南桜井駅北口~大凧あげ祭り会場」の臨時便を毎年受け持っています。

 

 

朝日自動車 2104号車[除籍]

f:id:JBUS2017:20170414235906j:plain

最終所属-朝日自動車越谷営業所

社番-2104号車

登録ナンバー-春日部200 か・614

型式-日野レインボーRJ  KK-RJ1JJHK

年式-2000年

除籍-2015年

備考-新製配置~2011年 加須(熊谷200 か・・98)

   2011年~除籍 越谷

 

越谷所属末期は、越谷から出す臨時便では必ずと言っていいほど走っていた2104号車。2015年の越谷営業所への新車導入(2348~2350)、他営業所からの転属車配置(2083,2085,2096,2119)により除籍となりました。2083,2085,2096なんて同型で年式も同じ車なんですがね…、それらの車に比べると1年早い引退でした。

 

関東鉄道 2104TC

f:id:JBUS2017:20170413235748j:plain

所属-関東鉄道土浦営業所

社番-2104TC

登録ナンバー-土浦200 か1462

型式-いすゞエルガハイブリッド QSG-LV234N3(JBUS)

年式-2015年

備考-関鉄エルガハイブリッド投入第一陣グループ

 

フロントガラス下に「HYBRID」ロゴがあるのが特徴的なエルガハイブリッド車、通称・エルハイです。この車は、2016年に投入された社番2101~2105の第一陣グループの車になります。第一陣グループということで、関東鉄道バスとしては初めてのハイブリッド車ということにもなります。

2016年に各営業所に1台ずつ配置され、今年も各営業所に配置がされました。