読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝日自動車2017年新車導入状況

※この記事は新車導入の全容が判明するまで随時更新します※

今日は今年(2017年)の朝日自動車の新車導入状況について書こうかと思います。

朝日自動車グループでは、毎年2月~3月にかけて新車の導入、経年車の転属・廃車が行われており、今年も例年通りに行われています。

近年は本庄営業所を除く全ての営業所に中型車は最低1台~3台、小型車も数台導入されています。

今年の導入分から、エルガミオ、レインボーⅡ共に新型へとモデルチェンジしましたので、昨年導入分までとは顔つきが異なります。(例外として昨年9月導入の2368号車[境]を除く)

【モデルチェンジに伴い、レインボーⅡはレインボーに名称が戻されていました。3/28追記】

以下、一覧です。 ※【】箇所は後日追記

 

 社番      営業所   車種   代替車(予想含む)

1109-------杉戸(営)--ポンチョ--------3037(越谷営留置を確認)

1110-------越谷-------ポンチョ--------1048(越谷営留置を確認)

1111-------越谷-------ポンチョ--------1039(越谷営留置を確認)

1112-------越谷-------ポンチョ--------1045(越谷営留置を確認)

1113-------加須-------ハイエース--------1054?   ※羽生市「あいあいバス」いがまん号

1114-------加須-------ハイエース--------1055?   羽生市「あいあいバス」ムジナもん号

1115-------加須-------ハイエース--------不明  ※行田市内循環専用車

2369-------太田-------エルガミオ-------2089(越谷営留置を確認)

2370-------太田-------エルガミオ-------2090(越谷営留置を確認)

2371-------加須-------レインボー-------2105(越谷営留置を確認)

2372-------加須-------レインボー-------2208(本庄へ転属を確認)→本庄2109(越谷営留置を確認)

2373-------久喜-------レインボー-------2095(越谷営留置を確認)

2374-------菖蒲-------エルガミオ-------2199(越谷営留置を確認)

2375-------菖蒲-------エルガミオ-------2198(境へ転属を確認)

2376-------菖蒲-------エルガミオ-------2241(境へ転属を確認)

2377-------越谷-------レインボー-------2119(越谷営留置を確認)

2378-------越谷-------レインボー-------2120(越谷営留置を確認)

2379-------越谷-------レインボー-------2124(越谷営留置を確認)

2380-------越谷-------レインボー-------2122(越谷営留置を確認)

2381-------境----------レインボー-------2111(越谷営留置を確認)

2382-------境----------レインボー-------2123(越谷営留置を確認)

2383-------境----------レインボー-------2101(越谷営留置を確認)

5004-------菖蒲-------エルガ----------2200(越谷営留置を確認)

5005-------菖蒲-------エルガ----------5001(越谷へ転属を確認)→越谷転属後、境へ転属

その他-----------1031,1032(共に越谷所属車)の越谷営留置を確認。代替車不明。

 ※越谷営留置とは?…除籍対象車が毎年留置されるスペースへの留置のこと。

【最新更新日:2017年5月5日】

現時点での自分の目撃・目撃による予測、SNSでの目撃写真を参考にまとめました。

現時点では、杉戸・久喜の2営業所投入分が不明となっています。

【4月2日、今年の中型/大型車の新車導入分をすべて確認することが出来ました。残すは小型車の新車と新車導入に伴う除籍車・転属車の一部状況がまだ不明ですが、取り敢えずはひと段落と言ったところです。4/2追記】

【4月24日、最初の新車が確認できてから約2ヶ月経ちましたが、ようやく空欄箇所を全て埋めることが出来ました。菖蒲→境転属による境の除籍車、小型車の動向不明車がまだ数台確認できていませんが、8割方完成といっても過言ではないレベル到達できたかなというところです。他の大手バス会社や公営バスと違い、あまり話題にならないので新車と代替車をすべて確認するのは中々大変なのです…。4/24追記】

越谷は例年3台の導入となっており、現段階で代替されそうな車は2000年式のエルガミオワンステップ車5台と2000年式の初期のレインボーHR2台です。恐らく、エルガミオ5台の一斉除籍はないかと思うので今あげた7台全車除籍は考えにくいです。HRが濃厚でしょうか…

【2378の越谷営管内での運用入りを確認しました。2378ということは、前後3台の合わせて4台が越谷配置の可能性が高くなりました。またここのところ、2098が走っているところをめっきり見なくなってしまいました。同型の2099は今日も走っているのを見ましたが、2098運用離脱の可能性もありそうです。3/9追記】

【2098は今まで通り普通に運用に入っていました。失礼しました。3/12追記】

【2119、2120、2122の3台が離脱したようですが、新車はまだ2台しか確認できていません。新車がいるとすれば2379あたりが濃厚でしょうか。3/17追記】

杉戸は例年1台が導入されていますが、昨年の2358号車導入により中型車全車のノンステップ化が完了したので今年の導入は見送りの可能性が高いと踏んでいます。社2250前後のHR4台に手を付けるよりも、小型車のリフト式ステップ車の代替が先でしょう。

久喜に関しては、2002年式の初期のエルガミオノンステップ車2141、2144、2145の3台が怪しいです。しかし、レインボーRJワンステップ車では2070(前後扉/ツーステ)、2080、2081、2082、2086、2095、2106の7台がいますので、RJを除籍して先述の3台が特定に回るという可能性も否定できません。※2095以外は特定・貸切車

【やはり久喜唯一の乗合登録のRJ、2095号車が離脱したようです。例年通り1台の導入の可能性が高そうです。3/14追記】

未確認があと7台あと4ですので、越谷に1台、久喜にも1~2台、他に境にも1~2台導入されていそうです。2383あたりが濃厚でしょう。となると、2381も境のような気もしますが現時点では確認できていません。【2381号車は境でした。(2017/3/5追記)】

2383を境だと仮定した場合、不明は5台になるので越谷3台、久喜2台もありそうです。

2373だけ飛び地のようになってしまっているのが何とも言えませんね。。。

なお、本庄について全く触れていないのは、ノンステップ補助の関係で新車でノンステップ車を本庄に導入するのが難しいので、毎年新車導入が無いのが慣例です。

【2月28日付で、境営業所管内で時刻修正が行われました。公式HPには記載がないので、時刻修正といってもノンステップ車増加によるノンステ・ワンステ表記の修整がメインだと思われます。(時刻修正の際はHPに記載される)確認した春日部駅東口バス停基準だと、平日では非ノンステ便が僅か8本まで減少し、改正前の1/4程度の本数になりました。また、越谷・久喜応援運用も見直されたのか、そちらもノンステとの記載ですので、応援運用が境持ちになったか、越谷・久喜からノンステを確実に持ってこれるようになったかというとこでしょうか。土日ダイヤを見てみると、非ノンステ便が改正前の約半数に減少しています。しかしながら、平日ダイヤとは違い越谷・久喜持ちの便に改正前同様ノンステ表記がされていないので、こちらは継続された可能性がありそうです。2381~2383の3台が新車導入されていたとしても、昨年9月に五霞線固定運用から外れた2225号車も一般運用に入っていて、今年の離脱車は最大で4台と思われます。ワンステ車の在籍状況から察するに、残りは片手で数えられるくらいでしょうか。3/7追記】

【運用入りを確認している古参車両(ワンステップ車など)

2098号車・2099号車・2121号車(越谷)、2070号車・2081号車・2113号車(久喜/特定車)、2131号車・2132号車(境)3/10,14,26追記】

【今年の新車導入の話ではないですが、昨年除籍されたワンステRJのうち1台が北海道で白ナンバーで走っているようです。ステッカー残存跡を見る限りでは、末期は越谷所属だった2083号車の可能性が高そうです。3/17追記】

【中型に遅れること約1ヶ月、菖蒲に大型車エルガが今年も導入されたようです。社番は昨年の5003に続く5004・5005号車、大型導入の玉突きで中型の境や本庄へ?の転属がありそうですね。3/18,,23追記】

【残すは2379号車、2383号車の2台のみが不明となりました。前後の車を見る限りでは、2379が越谷、2383が境かと思っていますが、まだ実車を確認できていません。先日、越谷営のまわりを敷地外から確認した際は居なかったので、まだ来ていないのか、偶々遭遇できていないだけなのか謎です。除籍車置き場にも越谷の車は3台しかいませんでしたし…、順当に落ちるなら2121,2124あたりが濃厚でしょうか。

久喜の車に関しては、特定車に除籍がまだ確認されていないので、路線車の特定落ちも現段階では久喜以外も含めてまだ無いのかなと思っています。また、今年は新車導入→除籍というのが多い印象で、転属をまだ確認していません。先述の通り、菖蒲に大型が入った分の中型の転属→古参中型車の除籍が2台は行われていてもおかしくないのかなとは思っていますが… 一方、小型車に関しては昨年が何番まで導入されているのかも定かではないので詳しく調査はしてないのですが、予想通り杉戸にポンチョ1109号車の導入を確認しています。3/23追記】

【久喜の特定車に関してですが、今日、レインボーRR2070号車とレインボーRJ2081号車の稼働を確認しました。RR2070号車が現段階でまだ落ちていないことに驚きです。路線車1台の新車で路線車1台が除籍されましたので、今年は特定車には手を付けないのかなと今の段階では思ていますが、果たして…。3/25追記】

【小型車も数台確認できていますので、中型/大型に混じって書き足しておきました。昨年分が何番までなのかを知らないので、今年の1台目が何番なのかが定かではありません。取り敢えず、杉戸の1109は明らかに今年の新車ですので、最低でもそれより後の番号の車は今年の新車でしょうね。3/26追記】

【越谷管内の小型車路線で今月初旬にダイヤ改正があったようです。とは言っても、ダイヤが変わっていたら例によってHPに掲載されますので、ノンステ/非ノンステの区別が変わった(ノンステ便拡大)がなされただけかと思います。以前はノンステ表記が全くなかった路線にも、確実にノンステを充てられるだけの台数が確保できたということなのでしょう。3/27追記】

【2383号車をようやく確認することが出来ました。予想通り境配置で、ナンバーは2381・2382と連番になっていますので、同時期に入っていたようです。偶々見かけなかっただけなんですかね。ということで、未確認は残り1台。恐らく越谷配置かと思いますが、未だに確認することが出来ていません。3/28追記】

【越谷管内で1110号車を確認しました。1109と連番で杉戸の可能性もあるかと思っていましたが、越谷所属でした。小型路線を観察していると、1030番前後の比較的若い社番の車が動いていて少し意外でした。除籍は年式より状態をみて行っているのでしょうか。3/29追記】

【加須所属でワゴン車のハイエースが数台導入されています。羽生市行田市コミュニティバスが今月再編された関係のようです。番号的に1114も加須でハイエースの可能性が高そうです。となると、今年の一般小型車ポンチョの導入は杉戸1台・越谷3台のみということになりそうです。古参リエッセ/ジャニーJの置き換え目的の転属が加須・久喜あたりで例年通りありそうですが、まだ確認できていません。いよいよ小型車を含めた全容解明に近づいてきました。4/4追記】

【2198号車が茨城県バス協会交通安全運動マグネットを付けて走っているのを確認しました。2198は菖蒲所属の車でしたので、新車導入による玉突きで境に転属してきたものと思われます。となれば、越谷に置かれていた同型2199号車も境に転属している可能性も高そうですが、そちらはまだ確認できていません。4/6追記】

【2198に続き、菖蒲の2241号車の境転属を確認しました。先日の立正大臨を見た限りでは、本庄の車に大きな変化があったようには感じられなかったので、菖蒲の新車導入による玉突き転属は境に絞られている可能性が高そうです。4/10追記】

【3月に越谷の除籍車置き場に置かれていた2119が通常エリアに駐車されているのが確認できました。ナンバーもそのままなので復活というと少し違うかもしれませんが、復活に近いのかなと思います。たまーにそういう車がいますが、2119が除籍じゃないとなると数が合わないんですよねぇ。。。4/17追記】

【1週間ほど前に、2119が復活したという記述をしましたが、再度確認したところ、留置位置が変わっただけで、ナンバーが外されていましたのでやはり除籍のようです。4/24追記】