前略~バスについて…

★更新について★                                                                    ●通常記事更新日…翌日も更新します                                   ●特集記事更新日…翌日は更新しません                                     掲載写真は基本的に更新日から半年前以内の撮影です。

茨城急行自動車 5250

f:id:JBUS2017:20190825165945j:plain

所属-茨城急行自動車古河営業所

社番-5250

登録ナンバー-つくば200 か・845

型式-日野セレガR-FS  KL-RU4FSEA

年式-2004年

備考-東武バスイースト9741(西柏/野田200 か・326)→朝日自動車3052(春日部200 か・834→本庄/熊谷200 か1500)

 

古河営業所で特定用途車として使用されている、日野セレガR-FSです。

栗橋駅と前橋競輪館林場外車券売場(ケイドリームス・ドーム館林)を結ぶ無料送迎バスで使用されており、年間350日程度運行されています。

茨城急行古河営業所は、以前から館林場外車券売場の送迎バス運行を受託しており、専用車として近年は高速/観光バスタイプの車両2台が配置されています。

茨城急行で特定用途車として導入される車両は新車ではなく、東武バスグループ、朝日自動車グループの各社で使用され、経年で除籍となった車両です。経年車なので、数年でまた新たな車両(グループ会社からの移籍車)に入れ替わる為、茨城急行での在籍期間はそれほど長くないのが慣例となっています。

2019年8月時点で、古河営業所に特定用途車として配置されている車両は2台あり、いずれもグループ会社からの移籍車で、高速/観光バスタイプの車両となります。

 

今回紹介する5250号車は、新製時は東武バスイースト西柏営業事務所に高速路線バス・空港連絡バスとして導入された車両になります。

2016年に東武バスイーストで除籍後、グループ会社の朝日自動車に移籍しました。

朝日自動車では貸切登録の3052号車として、春日部ナンバー、熊谷ナンバーを付けましたが、いずれもその期間は短く、約1年で朝日自動車でも除籍となりました。

その後、2018年にグループ会社の茨城急行自動車に特定用途車として再移籍し、現在に至ります。

 

茨城急行の特定用途車は、東武バスの高速/貸切車と同じ、赤・橙のグラデーションのカラーリングで、「TOBU」の部分が「IBAKYU」になっています。

 

東武バス時代は高速・空連バスですので、前面と側面ドア脇にLED表示機が設置されていました。

朝日自動車への移籍時は、LED表示機はそのままでしたが、茨城急行への移籍時には、前面はLED表示機から「茨急バス」表記の行灯に換装されました。側面に関しては、撤去など見た目での変化はありませんが、現在は使用されていません。

f:id:JBUS2017:20190825213135j:plain

 

※今回は公営競技の無料送迎バスですので、ブログ掲載にあたりまして特段モザイク処理をしたり、名称を伏せたりはしていません。