前略~バスについて…

★更新について★                                                                    ●通常記事更新日…翌日も更新します                                   ●特集記事更新日…翌日は更新しません                                     掲載写真は基本的に更新日から半年前以内の撮影です。

ラグビーワールドカップ2019 アルゼンチンvs.アメリカ PART.1【概要編】

2019.10.09 Wed.

ラグビーワールドカップ2019 アルゼンチンvs.アメリカ PART.1 概要】

ラグビーワールドカップ2019日本大会が、9月20日~11月2日の約2ヶ月に渡って開催されています。

日本全国12都市で試合が行われており、関東地方では東京スタジアム横浜国際総合競技場熊谷ラグビー場の3会場で試合が行われています。

特に、東京スタジアムは準決勝、横浜国際総合競技場は決勝が行われる主要会場となっています。

 

 

その全国12都市の中で今回取り上げるのは、10月9日に埼玉県熊谷市熊谷ラグビー場で開催された「アルゼンチンvs.アメリカ」です。

と言っても、弊ブログであくまでも「ラグビー」ではなく「バス」についてのブログですので、今回も例によって「バス」について取り上げます。

 

 

熊谷ラグビー場(熊谷スポーツ文化公園)は、最寄り駅となる熊谷駅から約3.5キロ離れており、徒歩で約50分程度かかります。

一般路線バスもあり、普段スポーツイベントが開催される際は定期便に加えて、5~10分間隔で臨時便が運行されています。

 

ですが、ラグビーワールドカップというものは、今まで日本ではあまり大きい大会というイメージはありませんでしたが、世界的に見るとサッカーワールドカップと同じくらい、あるいはそれ以上に大きな国際大会で、世界各地から観客がやってきます。

 

熊谷ラグビー場の収容人数は2.4万人です。

この2.4万人をいかにしてラグビー場へ誘導するのか。

 

熊谷ラグビー場 輸送の5大ポイント

ラグビー場への自家用車乗り入れ禁止

②ファンゾーン(熊谷駅徒歩8分)~ラグビー場、100台近いバスでピストン輸送

籠原駅ラグビー場、30台程度のバスでピストン輸送

④会場周辺の公園などの臨時駐車場~ラグビー場、パーク&ライド方式でバス輸送

⑤熊谷駅以外の近隣主要駅から予約制バスを運行(羽生駅/森林公園駅/太田駅)

 

 

②~⑤の通り、今回の熊谷ラグビー場での観客輸送には「バス」が大活躍でした。

 

特に試合終了後の復路にあたる、ラグビー場→熊谷駅での輸送では、経路上の道路を一般車通行止めにして、BRT(Bus Rapid Transit)方式で6台のバスが1組となり、駅までほぼノンストップで運行するという徹底っぷりが画期的で印象深いです。

 

埼玉県内を始め、東京・群馬・千葉などのバス事業者から全てで200台前後のバスをかき集めてきており、ラグビーワールドカップの裏では、さながらバスのワールドカップが開かれているのではないかという状態でした。

 

 

今回以降、数回に分けてラグビーワールドカップについて綴っていきます。

5大ポイントでも記載した通り、今回のシャトルバス輸送は大きく分けて4パターンありました。

その中で私が当日見てきたのは、②ファンゾーン(熊谷駅徒歩8分)~ラグビー場の試合終了後(復路)の輸送です。

100台近いバスを使っての輸送と書きましたが、当日のは平日のデーゲームということで、それよりも少ない88台を使用しての輸送でした。

 

 

<号車リスト>

号車番号------事業者----------------------社番--------営業所

A西0001------国際十王交通-------------3007--------熊谷

A西0002------国際十王交通-------------3002--------伊勢崎

A西0003------国際十王交通-------------3008--------熊谷

A西0004------国際十王交通-------------3003--------伊勢崎

A西0005------国際十王交通-------------3006--------熊谷

A西0006------国際十王交通-------------3004--------熊谷

A西0007------国際十王交通-------------2170--------熊谷(貸切)

A西0008------国際十王交通-------------3005--------熊谷

A西0009------国際十王交通-------------3010--------熊谷

A西0010------国際十王交通-------------2168--------熊谷(貸切)

A西0011------国際十王交通-------------3009--------熊谷

A西0012------国際興業-------------------3034--------練馬

A西0013------国際興業-------------------3035--------練馬

A西0014------国際興業-------------------3241--------志村

A西0015------国際興業-------------------3243--------志村

A西0016------国際興業-------------------6813--------赤羽

A西0017------国際興業-------------------6814--------赤羽

A西0018------国際興業-------------------6168--------戸田(特送)

A西0019------国際興業-------------------3076--------戸田

A西0020------国際興業-------------------6939--------鳩ケ谷

A西0021------国際興業-------------------6938--------鳩ヶ谷

A西0022------国際興業-------------------6900--------鳩ヶ谷

A西0023------国際興業-------------------6864--------鳩ヶ谷

A西0024------国際興業-------------------5020--------さいたま東(特送)

A西0025------国際興業-------------------5035--------さいたま東(特送)

A西0026------国際興業-------------------6624--------さいたま東(特送)

A西0027------国際興業-------------------5017--------さいたま東(特送)

A西0028------国際興業-------------------5018--------さいたま東(特送)

A西0029------国際興業-------------------5019--------さいたま東(特送)

A西0030------国際興業-------------------3100--------西浦和

A西0031------国際興業-------------------3103--------西浦和

A西0032------国際興業-------------------3102--------西浦和

A西0033------国際興業-------------------3101--------西浦和

A西0034------国際興業-------------------6620--------川口

A西0035------国際興業-------------------7016--------川口

A西0036------国際興業-------------------6626--------川口(特送)

A西0037------国際興業-------------------6648--------川口(特送)

A西0038------国際興業-------------------6650--------川口

A西0039------国際興業-------------------3079--------川口

A西0040------国際興業-------------------5023--------池袋

A西0041------国際興業-------------------6673--------さいたま東

A西0042------さくら観光バス----------No,1184

A西0043------さくら観光バス----------No,1185

A西0044------さくら観光バス----------No,1190

A西0045------西武観光バス-------------A7-253-----秩父

A西0046------西武観光バス-------------A4-15-------秩父

A西0047------西武観光バス-------------A7-258-----秩父

A西0048------西武バス-------------------A2-631-----飯能

A西0049------西武バス-------------------A2-633-----飯能

A西0050------西武バス-------------------A2-634-----飯能

A西0051------西武バス-------------------A1-551-----大宮

A西0052------西武バス-------------------A1-552-----大宮

A西0053------西武バス-------------------A4-763-----所沢

A西0054------西武バス-------------------A4-764-----所沢

A西0055------西武バス-------------------A3-504-----狭山

A西0056------東武バスウエスト-------9938--------川越

A西0057------東武バスウエスト-------5087--------岩槻(貸切)

A西0058------東武バスウエスト-------5201--------新座

A西0059------東武バスウエスト-------5055--------新座(貸切)

A西0060------東武バスウエスト-------5116--------川越(貸切)

A西0061------東武バスウエスト-------5049--------上尾(貸切)

A西0062------東武バスウエスト-------5048--------上尾

A西0063------東武バスウエスト-------5054--------坂戸(貸切)

A西0064------東武バスウエスト-------5127--------天沼

A西0065------東武バスウエスト-------5040--------大宮

A西0066------朝日自動車----------------5002--------菖蒲

A西0067------朝日自動車----------------5014--------菖蒲

A西0068------朝日自動車----------------2328--------菖蒲

A西0069------朝日自動車----------------2210--------本庄(貸切)

A西0070------朝日自動車----------------2309--------本庄

A西0071------朝日自動車----------------2082--------久喜(貸切)

A西0072------朝日自動車----------------2259--------久喜

A西0073------朝日自動車----------------2409--------越谷

A西0074------朝日自動車----------------2237--------越谷(貸切)

A西0075------朝日自動車----------------2135--------杉戸(貸切)

A西0076------朝日自動車----------------2311--------杉戸

A西0077------朝日自動車----------------2356--------加須

A西0078------朝日自動車----------------2357--------加須

A西0079------東武バスセントラル----5068--------草加(貸切)

A西0080------東武バスセントラル----2936--------草加

A西0081------東武バスセントラル----2916--------吉川(貸切)

A西0082------東武バスセントラル----2696--------三郷

A西0083------東武バスセントラル----9976--------三郷(貸切)

A西0084------東武バスセントラル----5084--------八潮(貸切)

A西0085------東武バスセントラル----2948--------花畑(貸切)

A西0086------東武バスセントラル----2964--------足立

A西0087------東武バスセントラル----6014--------葛飾

A西0088------東武バスセントラル----2900--------葛飾(貸切)

 

合計台数:88台

 

〇備考

(貸切)…国際十王交通朝日自動車:貸切登録車

    …東武バスウエスト東武バスセントラル:貸切兼用車

(特送)…特送車

 

 

〔あとがき〕

熊谷での試合開催は、9月6日(リポビタンDチャレンジカップ)、9月24日、29日と10月9日の合わせて4日間でしたが、その中で一番バスの台数が多かったのは、日本戦だったW杯の前哨戦となる9月6日の試合だったかと思います。4日間行われる輸送のうち、初回だったということと日本戦だったということが重なったことが要因でしょう。

一番乗客が見込まれる、熊谷駅近くのファンゾーン~熊谷ラグビー場の輸送は、4日間すべてが一般路線車(いわゆるフツーの路線バス)を使用しての運行でした。

籠原駅熊谷ラグビー場は、日曜開催となった9月29日のみ一般路線車が使用され、それ以外の3日間は観光・貸切車を使用して運行されました。

その他の、予約制バスとパーク&ライドは4日間とも観光・貸切車が使用されました。(確認できなかった範囲で一部例外があるかも…?)

200台近いバスが使用されたと書きましたが、その全ての車両に「熊谷ラグビー場」と書かれたバスマスクが装着されていました。これが今回の輸送の見どころの一つだったかと思います。

 

今回の記事をPART.1と題して、以降は事業者ごとに写真をまとめて掲載していきす。

 

 

Next......

PART.2 【国際十王交通編】

                Coming soon.......