前略~バスについて…

★更新について★                                                                    ●通常記事更新日…翌日も更新します                                   ●特集記事更新日…翌日は更新しません                                     掲載写真は基本的に更新日から半年前以内の撮影です。

ラグビーワールドカップ2019 アルゼンチンvs.アメリカ PART.2【国際十王交通編】

2019.10.09 Web.

ラグビーワールドカップ2019 アルゼンチンvs.アメリカ PART.2 国際十王交通編】

 10月9日に埼玉県熊谷市熊谷ラグビー場で開催された、ラグビーワールドカップ2019日本大会「アルゼンチンvs.アメリカ」の臨時シャトルバスについてシリーズで掲載しています。

今回からは事業者ごとに分けて写真を掲載していきたいと思います。

 

PART.2では、開催地・熊谷で一般路線バスを運行している事業者でもある“国際十王交通”を取り上げます。

 

 

国際十王交通は、2019年のラグビーワールドカップ開催を見越して、2017年春から大型車の新車導入を始めました。

これまで国際十王交通には大型車は、グループ会社からの移籍車が大半を占めており、熊谷営業所に一般路線車の大型新車が導入されるのは初めてでした。

 

 年式   社番

2017年→3004,3005,3006

2018年→3007,3008,3009

2019年→3010,3011

 

このうち、2017年式の3台と2018年式の3008,3009の2台、合計で5台は「ラグビーワールドカップ2019」の車体広告車となっています。

(2018年式の3007は東京オリパラ車体広告で、2019年式の2台は広告未施工)

 

 

今回の輸送では、このラグビーワールドカップを見越して導入された大型車を中心に配車されていました。

以下は、PART.1で掲載した号車リストの抜粋です。

 

<号車リスト>
号車番号------事業者----------------------社番--------営業所
A西0001------国際十王交通-------------3007--------熊谷
A西0002------国際十王交通-------------3002--------伊勢崎
A西0003------国際十王交通-------------3008--------熊谷
A西0004------国際十王交通-------------3003--------伊勢崎
A西0005------国際十王交通-------------3006--------熊谷
A西0006------国際十王交通-------------3004--------熊谷
A西0007------国際十王交通-------------2170--------熊谷(貸切)
A西0008------国際十王交通-------------3005--------熊谷
A西0009------国際十王交通-------------3010--------熊谷
A西0010------国際十王交通-------------2168--------熊谷(貸切)
A西0011------国際十王交通-------------3009--------熊谷

 

国際十王交通担当分は11台で、そのうち熊谷営業所から9台、群馬県の伊勢崎営業所から2台の配車でした。

熊谷営業所からは、貸切登録車の日野レインボーRJも運行に入りました。

 

 

★A西0001 3007(熊谷)  東京オリンピックパラリンピック仕様車

…埼玉県内の9事業者12台に施されている、東京オリンピックパラリンピック仕様車です。国際十王では、3007(熊谷)のみです。

f:id:JBUS2017:20191012125325j:plain

 

 

★A西0004 3003(伊勢崎)

東武バスウエストから2台がカラーリングもそのままに、国際十王交通伊勢崎営業所に移籍したのは今から4年前の2015年です。

伊勢崎営業所は、本庄~伊勢崎線を運行していますが、場所が場所だけに今まで中々見に行くことが出来ず、今回初めて見ることが出来ました。

今回の輸送では、東武バス(ウエスト・セントラル)から20台が応援できており、カラーリングも相まってパッと見では完全に溶け込んでいました。

f:id:JBUS2017:20191012130610j:plain

 

 

★A西0005 3006(熊谷)

…2017年11月に埼玉県庁でお披露目され、以降運行が始まったラグビーワールドカップ2019車体広告車ですが、当初このデザインの車両は埼玉県内の4事業者にそれぞれ1台ずつでしたが、開催地熊谷を走る国際十王のみ増車され、3台(3004,3005,3006)が存在します。

f:id:JBUS2017:20191012131237j:plain

 

 

★A西0009 3010(熊谷)

…2019年に導入された2台(3010,3011)は、導入からまだ間もないこともあり、広告車にはなっていません。

f:id:JBUS2017:20191012131558j:plain

 

 

★A西0010 2168(熊谷/貸切)

…グループの川越観光自動車から移籍してきた日野レインボーRJですが、乗合登録から貸切登録に変更され最後の活躍をしています。

今回の輸送には、2168と2170の2台が配車されたほか、朝日自動車からも3台のレインボーRJが配車されていました。(朝日は後日紹介します)

f:id:JBUS2017:20191012131702j:plain

 

 

★A西0011 3009(熊谷)

…開催1年前の2018年9月から突如として国際十王、朝日、東武セントラル、国際興業に出現した新たなデザインの広告車です。

f:id:JBUS2017:20191012132514j:plain

 

 

Next.......

PART.3 【国際興業編】

               Coming soon.......

 

zenryaku-bus.hatenadiary.com