前略~バスについて…

★更新について★                                                                    ●通常記事更新日…翌日も更新します                                   ●特集記事更新日…翌日は更新しません                                     掲載写真は基本的に更新日から半年前以内の撮影です。

ラグビーワールドカップ2019 アルゼンチンvs.アメリカ PART.5【西武観光バス編】

2019.10.09 Web.

ラグビーワールドカップ2019 アルゼンチンvs.アメリカ PART.5  西武観光バス編】

10月9日に埼玉県熊谷市熊谷ラグビー場で開催された、ラグビーワールドカップ2019日本大会「アルゼンチンvs.アメリカ」の臨時シャトルバスについてシリーズで掲載しています。
PART.5は、西武観光バス編です。

 

 

今回のファンゾーン~ラグビー場の輸送には、秩父営業所から一般路線車3台が配車されました。

西武観光バス秩父の山から下りてきて、催事のシャトルバスに入るのはかなり珍しいように感じます。

西武バス本体では、殆どの車両の行先表示機が“フルカラーLED”に換装されましたが、西武観光バスでは今も従来からのタイプを使用しており、少し懐かしく感じますね。

 


以下の号車リストは、PART.1に掲載したものから一部抜粋したものです。

 

<号車リスト>
号車番号------事業者----------------------社番--------営業所

A西0045------西武観光バス-------------A7-253-----秩父
A西0046------西武観光バス-------------A4-15-------秩父
A西0047------西武観光バス-------------A7-258-----秩父

 

 

★A西0046 A4-15(秩父)

…古参車ながら、東京オリンピックパラリンピック特別仕様車となっています。

他社を含め、オリパラ仕様車、ラグビーW杯車体広告車のシャトルバスへの起用が目立ちました。

f:id:JBUS2017:20191013153438j:plain

 

 

★A西0047 A7-258(秩父)

…2019年3月に西武バス(滝山)からグループ間移籍してきた車両です。

西武バス本体からの移籍車は、フルカラーLEDに換装されていた車両も、移籍時に元の従来タイプに再換装されるのが慣例です。

このA7-258は、滝山所属時代の名残として、前面にサボ受けが設置されており、移籍後も撤去されていません。

それにしても、PKG-ノンステですら本体からは除籍されてしまうとは、西武バスの車両代替スピードは速いです。。。

f:id:JBUS2017:20191013152237j:plain

 

 

 

Next.......
PART.6 【西武バス編】
               Coming soon.......