前略~バスについて…

※現在投稿している写真はすべて2020年3月以前に撮影したものです。

朝日自動車2020年新車導入状況

朝日自動車2020年新車導入状況】

時が過ぎるのは早いもので、今年も朝日自動車グループ各社の新車導入シーズンとなりました。

4年目となる今年も、朝日自動車の各営業所での新車導入状況、転属・除籍動向をまとめた記事を作成したいと思います。

このページは、車両変化の動向が分かり次第随時更新していきます。

なお、当ブログでは便宜上「2020年新車」と表記していますが、実際は「2019年度新車」ということになります。

4月以降に導入された車両に関しては、「2020年度新車」ということになりますが、当ブログでは便宜上「2019年度新車」と並列で記載しています。

 

また、代替車の箇所は順不同での記載となっています。

そのため、必ずしも新車の代替車が記載されている車両であるとは限りません。

 

 

最終更新日:2020年8月11日

 

★小型車

導入数:5台 

社番-----営業所-----車種-----代替車

1134----杉戸--------ポンチョ----1040

1135----

1136----

1137----

1138----杉戸--------ポンチョ----杉戸町内巡回バス「東コース」新規運行受託

 

 

★中型車

導入数:15台  (いすゞ8 , 日野7)

社番-----営業所-----車種----------代替車

2416----太田--------エルガミオ--------2195(越谷へ転属)

2417----太田--------エルガミオ--------2196(転属)

2418----加須--------レインボー--------?→本庄2208

2419----加須--------レインボー--------

2420----久喜--------エルガミオ--------2144

2421----杉戸--------レインボー--------2249

2422----菖蒲--------エルガミオ--------2246(境へ転属)→境2136

2423----越谷--------エルガミオ--------2206(転属)

2424----越谷--------エルガミオ--------2282(境へ転属)→境2137

2425----越谷--------エルガミオ--------2298(境へ転属)→境2139

2426----越谷--------エルガミオ--------2319(境へ転属)→境2140

2427----境-----------レインボー-------2198

2428----境-----------レインボー-------2207(杉戸[特定]へ転属)→特定輸送新規受託

2429----境-----------レインボー-------2209

2430----境-----------レインボー-------2223

 

 

★大型車

導入数:4台  (新車3,中古1)

社番-----営業所-----車種---------------------代替車

5020----菖蒲--------ブルーリボンHybrid---------2301(境へ転属)→2224

5021----菖蒲--------エルガ---------------------2302(境へ転属)→2225

5022----菖蒲--------エルガ---------------------2318(境へ転属)→2229

5023----本庄--------ブルーリボンⅡ-------------3051

※社5023…元:川越観光自動車1041

 

 

2020/02/16

現時点では、越谷・杉戸・菖蒲の3営業所へ新車が導入されています。

越谷と菖蒲では、純粋な古参車両の置き換えではなく、比較的年式の浅い車両を境に転属させています。

2月中旬時点で、越谷と菖蒲から転入してきた車両は既に境営業所管内で使用されており、春日部、東武動物公園、古河で確認しています。

新車導入分を合わせると、今年は境営業所の車両の顔ぶれが大きく変わりそうです。

 

______________________________________________________________________

<代替車予想>

毎年恒例ですが、私の新車導入による代替車予想を掲載しておきます。

あくまでも、バス事業者とは何ら関係のない人物の戯言です。

(この代替車予想を書いたのは、まだ新車が入る前の2020年1月中旬です。なので、新車導入の概要が徐々に明らかになってきている今となっては意味のない文章のような気がしますが、時間をかけて書いたので消すのも癪だと思い載せておきます)

 

●越谷営業所

昨年は一挙6台の中型新車を導入、2003~2006年式の車両が代替されました。

2019年1月時点での中型車の最古参車は、一般路線車では社2206 (2003年式)となります。昨年、突如として本庄から転属してきたワンステップ車です。

この車両に続く古参車は、社2255,2256 (2006年式)の2台となります。

例年の中型車導入数は3台ですので、順当にいけばこの3台が有力候補です。

 

 

●杉戸営業所

昨年は中型新車の導入は無く、小型新車1台のみの導入でした。

一方で、特定輸送の新規受託に伴い大型新車・中古車の導入、中型の転属車配置などイレギュラーな動きがありましたが、それらはまだ導入から約1年ですので特定に関しては大きな動きはないものと思います。

2019年1月時点での中型車の最古参車は、一般路線車では社2249~2252 (2005年式)となります。貸切登録車は社2135 (2002年式)です。

例年の傾向から見ると、もう1年程度は現状維持のような気がしますが果たして…

小型車に関しては、道路事情で小型車限定路線である豊野工業団地線で使用されている日野リエッセ/いすゞジャニーJが代替時期を迎えているのですが、後継車種の日野ポンチョでは輸送力が足りない(詰め込みが効かない)ので置き換えが難しいように感じます。こちらももう暫くは現状維持のような気がしますが果たして…

 

 

●久喜営業所

昨年は古参の初期ノンステではなく、ワンステップ車が代替され特定へ用途変更されました。(これにより、久喜から一般路線の中型ワンステが消滅)

今年こそは、順当にいくと初期ノンステ 社2144,2145 (2002年式)が代替されると思われます。

小型車に関しては、基本は転属車の配置で車齢の若返りを図る傾向にあるので、そろそろ越谷から日野ポンチョが転属してくるというのも無くは無さそう…

 

 

●菖蒲営業所

菖蒲管内は郊外で住宅地が多くあり、鉄道網が発達していない地域を走っている関係で近年は利用者増(積み残し発生)により、従来の中型新車と並行して大型新車も導入しています。

朝日自動車公式ホームページに掲載されている2019年度の大型車導入数は3台となっており、この予想を書いている時点で既に3台が配置されています。

となると、2019年5月頃に特定向けに杉戸・本庄に導入された大型車3台は2018年度導入だったのでしょうか。

中型車の最古参車は、社2238,2239 (2004年式)となります。貸切登録車は、社2201 (2002年式)です。

以前は菖蒲の最古参車と言えば、モラージュ菖蒲急行線の専用車でしたが、今は一般路線の方が年式の古い車両が走っています。

 

 

●加須営業所

例年の中型新車の導入数は2台です。

同じ熊谷ナンバー管内の本庄営業所へ、車齢そこそこで転属する傾向があります。

加須は杉戸と同じく、社2243~2245 (2005年式)が中型車の最古参となります。

これらは日野レインボーHRなのですが、HRは配置されている営業所に偏りがあるので、他営業所でも転属対象となることが少ないように感じます。

近年は2009,2012年式の車両が代替対象となり本庄へ転属していますので、順当にいけばHRが代替されるはずですが、年式の浅いノンステが代替されることもあり得るのではないでしょうか。

 

 

●本庄営業所

本庄は自治補助金の関係から、新車でノンステを入れることが出来ません。

数年前までの配置車両は、ツーステ・ワンステのオンパレードでしたが、ここ数年で徐々に状況が変化しています。

昨年は、加須、太田から年式の浅いノンステが転属し、ワンステが代替されました。(ツーステは既に消滅しています)

今年も他営業所から同様のパターンで車両代替が行われると考えるのが無難ですが、どの車両が対象となるのかは中々予測しづらいです。(加須はここ数年で前例が2回あるので最有力でしょう)

 

 

●太田営業所

朝日自動車唯一の群馬県内の営業所となる太田には、例年2台の中型新車が導入されています。

昨年は順当にいくと、最古参車となる 社2195,2196 (2002年式)が代替されるものだと思っていましたが、実際に代替されたのは社2212 (2003年式),2297 (2011年式)の2台でした。社2212は関越交通へ、社2297は本庄へ転属しており、純粋に古参車を順番に置き換えていくわけではなく、他営業所やグループ事業者など広い視点で見て車両代替計画が行われているのだと感じました。

ですが、流石に今年は年式的にも初期ノンステの社2195,2196の2台は堅いのではないかと思います。

 

 

●境営業所

埼玉県春日部市に商業施設イオンモール春日部が開業した2013年以降、自治体補助が受けられるようになった境営業所は毎年新車を導入しています。

例年は2~3台程度の新車導入でしたが、昨年は社2411~2415の5台が導入されました。

気付けばツーステ消滅、ワンステも残すところ極僅かの配置となっており、車両代替が進んでいます。

今年も新車が導入されたら、いよいよ一般路線で走る日野レインボーRJも見納めになってしまいそうです。

また、例年では他営業所からの転入も数台あります。ここ数年では、菖蒲からの転属が多いように感じます。