前略~バスについて…

更新頻度減。新車導入に関する記事のみ、随時更新・最新情報の追記をしています。

第3回 春日部市民の日記念イベント「のりものフェスタ」

2017年10月1日Sun.

埼玉県春日部市(旧庄和地域)イオンモール春日部の駐車場で、第3回 春日部市民の日記念イベント「のりものフェスタ」が開催されました。

このイベントは、一昨年2015年から10月1日の春日部市民の日の前後の休日に開催されていて、年々規模が大きくなっています。(※市民の日関係がない、春開催分を含めると4回目ですね。)

今年は、春日部市内を走る路線バス2社 朝日自動車平成エンタープライズ春日部市消防本部、自衛隊イオングループの生活を支える車が展示されました。

 

 

展示車両一覧

朝日自動車

社番----所属-----型式-----------------------備考

1083---杉戸-----SDG-HX9JLBE---------春日部市コミバス「しんちゃんと野原一家号」

1084---杉戸-----SDG-HX9JLBE---------春日部市コミバス「しんちゃんとヒーロー号」

1091---杉戸-----SDG-HX9JLBE---------春日部市コミバス「しんちゃんと友だち号」

1110---杉戸-----SDG-HX9JLBE---------杉戸営初のベビーカーマーク車

1116---杉戸-----CBA-TRH224W--------春日部市コミバス「おでかけしんちゃん号」

2373---久喜-----SKG-KR290J2----------久喜営初の新型レインボー

5012---菖蒲-----QKG-LV290Q1---------現時点での社番上の大型車最新車

 

春日部市コミュニティバスクレヨンしんちゃんラッピングバス」をメインに、最新車両を含め過去最多の7台が展示されました。

ワゴン車をはじめとする小型車から最新の大型車まで、一通り持ってきたなぁという感じです。

この記事を書くにあたって振り返ってみると、大所帯の越谷営業所からは1台も出しておらず、地元の杉戸営業所のほか、去年も最新の大型車を展示した菖蒲営業所、初めての参加となる久喜営業所から車を持ってきたようです。

(※越谷営業所は2016年秋、2017年春に車両を展示したことがあります。)

杉戸からこんなに出して運用は大丈夫なのかと思ってしまいますが、開催されたのは日曜日。コミュニティバスが全運休の曜日ですので、配車上は全く問題ないと思われます。

久喜営業所は、境営業所の応援で毎日のように1台が春日部市内で営業運行されていますが、菖蒲営業所の車は営業では走らない地域なので、去年も含め展示に駆り出されているのがかなり謎です。(まぁ去年は大型車が菖蒲にしかいなかったことが関係しているんでしょうが、今年は春日部に近い越谷営にも大型車がいますからね…)

 

f:id:JBUS2017:20171003013055j:plain

f:id:JBUS2017:20171003013108j:plain

大盛況すぎて人が入らない写真を撮るのはかなり難しかったです。これが限界でした。

時間帯によっては、7月の出発式の際にも配布されていた「春バス乗車証明書」が配布されていたようです。普段は春バス乗車時に希望者が貰うことが出来るもので、限定各5000枚の触れ込みですが、こんなに大盤振る舞いしてしまって大丈夫なんですかね。

乗車証明書の写真は、7月に掲載した「第3次春バス運行出発式」のページをご覧ください。

 

f:id:JBUS2017:20171003013312j:plain

唯一キレイな光線下で扉も閉まった状態で撮れた1枚。

撮影した時は菖蒲から大型と2台持ってきたのかぁと思いましたが、レインボーで春日部ナンバーということは久喜でしたね。

久喜営業所では唯一の在籍となっている新型レインボー、普段は久喜駅東口で見ることが出来ますが、春日部駅東口~イオンモール春日部前~関宿中央ターミナル線でも運用されることがあります。

 

 

平成エンタープライズ

ナンバー----所属----車種

No,1207-----加須----日野・リエッセ

No,1425-----加須----日野・メルファ PHVバス

白ナンバー-所沢----あそびバス 日野・ブルーリボン

白ナンバー-所沢----あそびバス 車種不明

 

f:id:JBUS2017:20171003014041j:plain

普段はコミバス代走をメインに運用されていると記憶していたこのリエッセですが、車内を見ると、春日部駅東口~イオンモール春日部~南桜井駅北口線の運賃表が貼ってありました。普段から春日部市内での運用に入っているんでしょうか。

 

f:id:JBUS2017:20171003014239j:plain

こちらは春日部市内での運用に限定されているPHVバスの充電中の様子。

確か日本初だったような気がしますが・・・

 

 

朝日自動車平成エンタープライズ合わせて11台ものバスが展示されていました。

これだけの数のバスがイオンの駐車場にいるというのは、関東はおろか全国的に見ても中々ないのではないでしょうか。

 

特に、7月に続いてまた実現するとは思わなかったクレヨンしんちゃんラッピングバス」の全4台が集結する光景。今回は全4台を1枚の写真に収めることは出来ませんでしたが…、普段は4台が集結する光景は営業所以外では見ることが出来ませんので、珍しい光景です。

 

 

余談ですが、10月1日が春日部市民の日となっているのは、平成17年、今から12年前の10月1日に旧春日部市と旧庄和町が合併して、現在の春日部市が誕生したのがこの10月1日だそうです。記事の冒頭では、旧庄和地域と記載してみました。