前略~バスについて…

更新について                                 ●通常記事更新日…翌日も更新します                                   ●特集記事更新日…翌日は更新しません                                     掲載写真は基本的に更新日から半年前以内の撮影です。

2018年 イースタン・リーグ公式戦 巨人VS.楽天 in越谷市民球場

2018.04.22 Sun.

【2018年 イースタン・リーグ公式戦 巨人VS.東北楽天ゴールデンイーグルス  in越谷市民球場】

 毎年4月半ばの日曜日に、巨人軍のイースタン・リーグ公式戦が埼玉県越谷市越谷市民球場で開催されています。

越谷市民球場で開催される唯一のイースタン・リーグ公式戦となっており、今年は東北楽天との試合でした。

 

 

越谷市民球場の最寄りとなる、総合公園と越谷駅を結ぶ路線は毎時1~3便のみで、とても観客を輸送できる本数ではないため、例年臨時増発便が運行されています。

臨時増発便は、途中停留所ノンストップの直通バスとして運行され、越谷~総合公園でノンストップの直通バスが運行されるのは、私が知る限りではこのイースタン・リーグ輸送以外では他にありません。

 

 

今年は昨年と違い、往路の輸送を見て来ましたので記録に残しておきます。

例年と違い、ナンバーカードなど掲示がありませんでしたので、社番の若番順に載せます。

 

運行台数:6台

内訳:大型1台、中型5台

全車が越谷営業所から配車。

 

 

5010号車

2216号車

2237号車

f:id:JBUS2017:20180424232017j:plain

2266号車

f:id:JBUS2017:20180424232059j:plain

2300号車

2377号車

f:id:JBUS2017:20180424232116j:plain

 

昨年も運行にあたった2237号車、2377号車が今年も走っていました。

5010号車は、大型車としては初めてのこの臨時便充当でしたがタイミングが合わずいい写真は撮れませんでした。

2216号車は、初期のノンステップバスで、いよいよ転属する車が出始めていて、越谷近辺で見ることが出来るのも今のうちかもしれません。

2237号車は、日野レインボーHRです。越谷には最盛期は5台が在籍していましたが、今はこの2237号車1台を残すのみです。

 

 

 昨年夏ごろから朝日自動車では多くの営業所でLED表示ROMの更新が行われていますが、この「直通|総合公園」の表示に変化はありませんでした。

年に1回しか使わないような表示は更新しないんでしょうかね。

茨城急行自動車 3069号車

f:id:JBUS2017:20180323225224j:plain

所属-茨城急行自動車松伏営業所

社番-3069号車

登録ナンバー-春日部200 か・608

型式-いすゞエルガミオ PDG-LR234J2

年式-2010年

備考-センチュリー21丸吉住宅センター 車体広告

 

 

撮影時は、せんげん台駅老人福祉センターを結ぶ路線で走っていました。

松伏営業所の車ながら、隣町の越谷市内で完結してしまう路線です。

日中は3台で運行されていますが、時間帯によっては10分程度の遅延が発生し、駅での折り返しがタッチアンドゴー状態の時があるようです。

朝日自動車 2226号車

f:id:JBUS2017:20180406213924j:plain

所属-朝日自動車久喜営業所

社番-2226号車

登録ナンバー-春日部200 か・306

型式-いすゞエルガミオ KK-LR233J1

年式-2003年

 

 

久喜営業所生え抜きのエルガミオで、2003年に2227号車と共に配置されました。

個人的には遭遇率の高い車で、久喜営業所管内のみならず、マラソン輸送、Jリーグ、境営業所の応援など埼玉東部の各地で見かけています。

国際興業バス 5410号車

f:id:JBUS2017:20180116214321j:plain

所属-国際興業バス川口営業所

社番-5410号車

登録ナンバー-大宮200 か2092

型式-いすゞエルガ LKG-LV234L3

年式-2011年

朝日自動車 2280号車

f:id:JBUS2017:20180319232454j:plain

所属-朝日自動車越谷営業所

社番-2280号車

登録ナンバー-春日部200 か・548

型式-日野レインボーⅡ PDG-KR234J2

年式-2009年

備考-LEDライトに換装

 

 

2009年に越谷営業所に2279,2280号車の2台が配置されました。

この2280号車は、前面の車いすマークが他の車とは少し異なるのが特徴的です。

写真を見比べると、タイプが異なるのが分かるかと思います。

2段式のLEDライトへの換装が進んでいて、導入当時とは印象が変わっています。

 

 

↓LEDライト換装前(2017年撮影)

f:id:JBUS2017:20180319233043j:plain

国際興業バス 6808号車

f:id:JBUS2017:20180119180030j:plain

所属-国際興業バス川口営業所

社番-6808号車

登録ナンバー-大宮200 か1493

型式-いすゞエルガ PKG-LV234L2

年式-2007年

 

関東鉄道 2102MK(水海道 所属時代)

関東鉄道2102MKは、2017年12月の水海道営業所の守谷営業所への新設統合に伴い、現在は2102MRとして守谷営業所に配置されています。
このページは、水海道営業所に配置されていた当時の情報を記載しています。

f:id:JBUS2017:20180217174514j:plain

所属-関東鉄道自動車部水海道営業所

社番-2102MK

登録ナンバー-つくば200 か・631

型式-いすゞエルガ QSG-LV234N3

年式-2015年

備考-関鉄初のエルガハイブリッド車

 

 

2年ほど前の2016年1月に、2101MT、2102MK、2103TR、2104TC、2105RGの5台が導入されたいすゞエルガハイブリッド車の1台です。

前面をはじめ、側面、後部にも「HYBRID」のロゴ表記があり特徴的です。

2017年12月に守谷営業所に統合に伴い転属となり、5営業所に1台ずつ配置されたエルガハイブリッドでしたが、取手出身の2103TRと共に合わせて守谷営業所には2台が配置されています。