前略~バスについて…

★更新について★                                                                    ●通常記事更新日…翌日も更新します                                   ●特集記事更新日…翌日は更新しません                                     掲載写真は基本的に更新日から半年前以内の撮影です。

ラグビーワールドカップ2019 アルゼンチンvs.アメリカ PART.3【国際興業編】

2019.10.09 Web.

ラグビーワールドカップ2019 アルゼンチンvs.アメリカ PART.2 国際興業編】

10月9日に埼玉県熊谷市熊谷ラグビー場で開催された、ラグビーワールドカップ2019日本大会「アルゼンチンvs.アメリカ」の臨時シャトルバスについてシリーズで掲載しています。

PART.3は、国際興業編です。

 

国際興業は、東京都北西部・埼玉県南西部を中心に路線を展開している事業者です。

熊谷でのラグビー輸送には、2018年のプレ大会時から輸送にあたっています。

ラグビーワールドカップ本大会では、全ての日程で日によって各営業所間での車両の増減はありますが、30台規模の応援が熊谷にやって来ました。

 

輸送では、つい最近導入された“EDSS搭載”の新型車を始め、年式の古い特送車も使用されていました。

国際興業で“特送車”と呼ばれる車両は、他社で言うところの“貸切登録車”に近い存在です。

国際興業は、埼玉県内の公営競技シャトルバスを多く受託しており、特送車は基本的にはそのシャトルバスに使用されています。

もちろん、その他の貸切輸送にも適宜使用されており、埼玉県内のみならず、東京都内や神奈川県の川崎など遠方での輸送も時々あります。

今回、熊谷に来た車両の中にも、川崎での貸切輸送に携わった車両があり、一般路線バスタイプの車両でありながら、貸切仕業での運行範囲の広さは国際興業の特徴です。

 

 

以下の号車リストは、PART.1に掲載したものから一部抜粋したものです。

 

<号車リスト>
号車番号------事業者----------------------社番--------営業所

A西0012------国際興業-------------------3034--------練馬
A西0013------国際興業-------------------3035--------練馬
A西0014------国際興業-------------------3241--------志村
A西0015------国際興業-------------------3243--------志村
A西0016------国際興業-------------------6813--------赤羽
A西0017------国際興業-------------------6814--------赤羽
A西0018------国際興業-------------------6168--------戸田(特送)
A西0019------国際興業-------------------3076--------戸田
A西0020------国際興業-------------------6939--------鳩ケ谷
A西0021------国際興業-------------------6938--------鳩ヶ谷
A西0022------国際興業-------------------6900--------鳩ヶ谷
A西0023------国際興業-------------------6864--------鳩ヶ谷
A西0024------国際興業-------------------5020--------さいたま東(特送)
A西0025------国際興業-------------------5035--------さいたま東(特送)
A西0026------国際興業-------------------6624--------さいたま東(特送)
A西0027------国際興業-------------------5017--------さいたま東(特送)
A西0028------国際興業-------------------5018--------さいたま東(特送)
A西0029------国際興業-------------------5019--------さいたま東(特送)
A西0030------国際興業-------------------3100--------西浦和
A西0031------国際興業-------------------3103--------西浦和
A西0032------国際興業-------------------3102--------西浦和
A西0033------国際興業-------------------3101--------西浦和
A西0034------国際興業-------------------6620--------川口
A西0035------国際興業-------------------7016--------川口
A西0036------国際興業-------------------6626--------川口(特送)
A西0037------国際興業-------------------6648--------川口(特送)
A西0038------国際興業-------------------6650--------川口
A西0039------国際興業-------------------3079--------川口
A西0040------国際興業-------------------5023--------池袋
A西0041------国際興業-------------------6673--------さいたま東

 

合計:30台

 

 

★A西0012 3034(練馬)

…LED表示器が白色になる前の、比較的初期に導入された新型エルガです。

f:id:JBUS2017:20191012175458j:plain

 

 

★A西0039 3079(川口)
2018年9月から運行を開始した、新デザインのラグビーワールドカップ車体広告車です。

f:id:JBUS2017:20191012180639j:plain

 

 

★A西0030 3100(西浦和)
…2017年10月から運行を開始した、ラグビーワールドカップ車体広告車です。
国際興業東武エスト、西武、国際十王交通で運行されています。

f:id:JBUS2017:20191012180559j:plain

 

 

★A西0014 3241(志村)

…都内の志村営業所からは、つい最近導入された新車が2台やって来ました。

f:id:JBUS2017:20191012175739j:plain

 

 

★A西0024 5020(さいたま東/特送)

…“KL-ノンステ”と呼称されることの多い、社5000番台の車両は現在は多くが特送車として最後の活躍をしています。

f:id:JBUS2017:20191012180852j:plain

 

 

★A西0018 6168(戸田/特送)

…今回ブログを書いていて気付いたのですが、“KL-ワンステ”と呼称される社6100番台は戸田営業所6168のみでした。6100番台はかなり数を減らしており、除籍された車両は東北地方を中心に各地に移籍しています。

f:id:JBUS2017:20191012182005j:plain

 

 

★A西0037 6648(川口/特送)

…2019年10月時点で、各営業所で特送車となっている車両はいずれも古参車で、社5000番台(KL-ノンステ)、社6000番台(KL-ワンステ)の他に、最近では社6600番台(PJ-ノンステ)も特送車となっており時代の流れを感じます。

6648も正面のICステッカーが剥離されている姿など、車内の運賃箱搭載の有無を見なくても特送車となっていることが伺えます。

f:id:JBUS2017:20191013124955j:plain

 

 

★A西0017 6814(赤羽)

…ページ上部の一覧を見ると判りますが、連番で車両を配車している営業所が多く、赤羽からは6813,6814の2台が連番で配車されていました。

f:id:JBUS2017:20191013125434j:plain

 

 

★A西0035 7016(川口)

いすゞエルガがフルモデルチェンジした関係で、社7000番台のN尺は少数派となっています。今回は7016の1台のみ走っていました。

f:id:JBUS2017:20191013130013j:plain

 

 


Next.......
PART.4 【さくら観光バス編】
               Coming soon.......

ラグビーワールドカップ2019 アルゼンチンvs.アメリカ PART.2【国際十王交通編】

2019.10.09 Web.

ラグビーワールドカップ2019 アルゼンチンvs.アメリカ PART.2 国際十王交通編】

 10月9日に埼玉県熊谷市熊谷ラグビー場で開催された、ラグビーワールドカップ2019日本大会「アルゼンチンvs.アメリカ」の臨時シャトルバスについてシリーズで掲載しています。

今回からは事業者ごとに分けて写真を掲載していきたいと思います。

 

PART.2では、開催地・熊谷で一般路線バスを運行している事業者でもある“国際十王交通”を取り上げます。

 

 

国際十王交通は、2019年のラグビーワールドカップ開催を見越して、2017年春から大型車の新車導入を始めました。

これまで国際十王交通には大型車は、グループ会社からの移籍車が大半を占めており、熊谷営業所に一般路線車の大型新車が導入されるのは初めてでした。

 

 年式   社番

2017年→3004,3005,3006

2018年→3007,3008,3009

2019年→3010,3011

 

このうち、2017年式の3台と2018年式の3008,3009の2台、合計で5台は「ラグビーワールドカップ2019」の車体広告車となっています。

(2018年式の3007は東京オリパラ車体広告で、2019年式の2台は広告未施工)

 

 

今回の輸送では、このラグビーワールドカップを見越して導入された大型車を中心に配車されていました。

以下は、PART.1で掲載した号車リストの抜粋です。

 

<号車リスト>
号車番号------事業者----------------------社番--------営業所
A西0001------国際十王交通-------------3007--------熊谷
A西0002------国際十王交通-------------3002--------伊勢崎
A西0003------国際十王交通-------------3008--------熊谷
A西0004------国際十王交通-------------3003--------伊勢崎
A西0005------国際十王交通-------------3006--------熊谷
A西0006------国際十王交通-------------3004--------熊谷
A西0007------国際十王交通-------------2170--------熊谷(貸切)
A西0008------国際十王交通-------------3005--------熊谷
A西0009------国際十王交通-------------3010--------熊谷
A西0010------国際十王交通-------------2168--------熊谷(貸切)
A西0011------国際十王交通-------------3009--------熊谷

 

国際十王交通担当分は11台で、そのうち熊谷営業所から9台、群馬県の伊勢崎営業所から2台の配車でした。

熊谷営業所からは、貸切登録車の日野レインボーRJも運行に入りました。

 

 

★A西0001 3007(熊谷)  東京オリンピックパラリンピック仕様車

…埼玉県内の9事業者12台に施されている、東京オリンピックパラリンピック仕様車です。国際十王では、3007(熊谷)のみです。

f:id:JBUS2017:20191012125325j:plain

 

 

★A西0004 3003(伊勢崎)

東武バスウエストから2台がカラーリングもそのままに、国際十王交通伊勢崎営業所に移籍したのは今から4年前の2015年です。

伊勢崎営業所は、本庄~伊勢崎線を運行していますが、場所が場所だけに今まで中々見に行くことが出来ず、今回初めて見ることが出来ました。

今回の輸送では、東武バス(ウエスト・セントラル)から20台が応援できており、カラーリングも相まってパッと見では完全に溶け込んでいました。

f:id:JBUS2017:20191012130610j:plain

 

 

★A西0005 3006(熊谷)

…2017年11月に埼玉県庁でお披露目され、以降運行が始まったラグビーワールドカップ2019車体広告車ですが、当初このデザインの車両は埼玉県内の4事業者にそれぞれ1台ずつでしたが、開催地熊谷を走る国際十王のみ増車され、3台(3004,3005,3006)が存在します。

f:id:JBUS2017:20191012131237j:plain

 

 

★A西0009 3010(熊谷)

…2019年に導入された2台(3010,3011)は、導入からまだ間もないこともあり、広告車にはなっていません。

f:id:JBUS2017:20191012131558j:plain

 

 

★A西0010 2168(熊谷/貸切)

…グループの川越観光自動車から移籍してきた日野レインボーRJですが、乗合登録から貸切登録に変更され最後の活躍をしています。

今回の輸送には、2168と2170の2台が配車されたほか、朝日自動車からも3台のレインボーRJが配車されていました。(朝日は後日紹介します)

f:id:JBUS2017:20191012131702j:plain

 

 

★A西0011 3009(熊谷)

…開催1年前の2018年9月から突如として国際十王、朝日、東武セントラル、国際興業に出現した新たなデザインの広告車です。

f:id:JBUS2017:20191012132514j:plain

 

 

Next.......

PART.3 【国際興業編】

               Coming soon.......

 

zenryaku-bus.hatenadiary.com

ラグビーワールドカップ2019 アルゼンチンvs.アメリカ PART.1【概要編】

2019.10.09 Wed.

ラグビーワールドカップ2019 アルゼンチンvs.アメリカ PART.1 概要】

ラグビーワールドカップ2019日本大会が、9月20日~11月2日の約2ヶ月に渡って開催されています。

日本全国12都市で試合が行われており、関東地方では東京スタジアム横浜国際総合競技場熊谷ラグビー場の3会場で試合が行われています。

特に、東京スタジアムは準決勝、横浜国際総合競技場は決勝が行われる主要会場となっています。

 

 

その全国12都市の中で今回取り上げるのは、10月9日に埼玉県熊谷市熊谷ラグビー場で開催された「アルゼンチンvs.アメリカ」です。

と言っても、弊ブログであくまでも「ラグビー」ではなく「バス」についてのブログですので、今回も例によって「バス」について取り上げます。

 

 

熊谷ラグビー場(熊谷スポーツ文化公園)は、最寄り駅となる熊谷駅から約3.5キロ離れており、徒歩で約50分程度かかります。

一般路線バスもあり、普段スポーツイベントが開催される際は定期便に加えて、5~10分間隔で臨時便が運行されています。

 

ですが、ラグビーワールドカップというものは、今まで日本ではあまり大きい大会というイメージはありませんでしたが、世界的に見るとサッカーワールドカップと同じくらい、あるいはそれ以上に大きな国際大会で、世界各地から観客がやってきます。

 

熊谷ラグビー場の収容人数は2.4万人です。

この2.4万人をいかにしてラグビー場へ誘導するのか。

 

熊谷ラグビー場 輸送の5大ポイント

ラグビー場への自家用車乗り入れ禁止

②ファンゾーン(熊谷駅徒歩8分)~ラグビー場、100台近いバスでピストン輸送

籠原駅ラグビー場、30台程度のバスでピストン輸送

④会場周辺の公園などの臨時駐車場~ラグビー場、パーク&ライド方式でバス輸送

⑤熊谷駅以外の近隣主要駅から予約制バスを運行(羽生駅/森林公園駅/太田駅)

 

 

②~⑤の通り、今回の熊谷ラグビー場での観客輸送には「バス」が大活躍でした。

 

特に試合終了後の復路にあたる、ラグビー場→熊谷駅での輸送では、経路上の道路を一般車通行止めにして、BRT(Bus Rapid Transit)方式で6台のバスが1組となり、駅までほぼノンストップで運行するという徹底っぷりが画期的で印象深いです。

 

埼玉県内を始め、東京・群馬・千葉などのバス事業者から全てで200台前後のバスをかき集めてきており、ラグビーワールドカップの裏では、さながらバスのワールドカップが開かれているのではないかという状態でした。

 

 

今回以降、数回に分けてラグビーワールドカップについて綴っていきます。

5大ポイントでも記載した通り、今回のシャトルバス輸送は大きく分けて4パターンありました。

その中で私が当日見てきたのは、②ファンゾーン(熊谷駅徒歩8分)~ラグビー場の試合終了後(復路)の輸送です。

100台近いバスを使っての輸送と書きましたが、当日のは平日のデーゲームということで、それよりも少ない88台を使用しての輸送でした。

 

 

<号車リスト>

号車番号------事業者----------------------社番--------営業所

A西0001------国際十王交通-------------3007--------熊谷

A西0002------国際十王交通-------------3002--------伊勢崎

A西0003------国際十王交通-------------3008--------熊谷

A西0004------国際十王交通-------------3003--------伊勢崎

A西0005------国際十王交通-------------3006--------熊谷

A西0006------国際十王交通-------------3004--------熊谷

A西0007------国際十王交通-------------2170--------熊谷(貸切)

A西0008------国際十王交通-------------3005--------熊谷

A西0009------国際十王交通-------------3010--------熊谷

A西0010------国際十王交通-------------2168--------熊谷(貸切)

A西0011------国際十王交通-------------3009--------熊谷

A西0012------国際興業-------------------3034--------練馬

A西0013------国際興業-------------------3035--------練馬

A西0014------国際興業-------------------3241--------志村

A西0015------国際興業-------------------3243--------志村

A西0016------国際興業-------------------6813--------赤羽

A西0017------国際興業-------------------6814--------赤羽

A西0018------国際興業-------------------6168--------戸田(特送)

A西0019------国際興業-------------------3076--------戸田

A西0020------国際興業-------------------6939--------鳩ケ谷

A西0021------国際興業-------------------6938--------鳩ヶ谷

A西0022------国際興業-------------------6900--------鳩ヶ谷

A西0023------国際興業-------------------6864--------鳩ヶ谷

A西0024------国際興業-------------------5020--------さいたま東(特送)

A西0025------国際興業-------------------5035--------さいたま東(特送)

A西0026------国際興業-------------------6624--------さいたま東(特送)

A西0027------国際興業-------------------5017--------さいたま東(特送)

A西0028------国際興業-------------------5018--------さいたま東(特送)

A西0029------国際興業-------------------5019--------さいたま東(特送)

A西0030------国際興業-------------------3100--------西浦和

A西0031------国際興業-------------------3103--------西浦和

A西0032------国際興業-------------------3102--------西浦和

A西0033------国際興業-------------------3101--------西浦和

A西0034------国際興業-------------------6620--------川口

A西0035------国際興業-------------------7016--------川口

A西0036------国際興業-------------------6626--------川口(特送)

A西0037------国際興業-------------------6648--------川口(特送)

A西0038------国際興業-------------------6650--------川口

A西0039------国際興業-------------------3079--------川口

A西0040------国際興業-------------------5023--------池袋

A西0041------国際興業-------------------6673--------さいたま東

A西0042------さくら観光バス----------No,1184

A西0043------さくら観光バス----------No,1185

A西0044------さくら観光バス----------No,1190

A西0045------西武観光バス-------------A7-253-----秩父

A西0046------西武観光バス-------------A4-15-------秩父

A西0047------西武観光バス-------------A7-258-----秩父

A西0048------西武バス-------------------A2-631-----飯能

A西0049------西武バス-------------------A2-633-----飯能

A西0050------西武バス-------------------A2-634-----飯能

A西0051------西武バス-------------------A1-551-----大宮

A西0052------西武バス-------------------A1-552-----大宮

A西0053------西武バス-------------------A4-763-----所沢

A西0054------西武バス-------------------A4-764-----所沢

A西0055------西武バス-------------------A3-504-----狭山

A西0056------東武バスウエスト-------9938--------川越

A西0057------東武バスウエスト-------5087--------岩槻(貸切)

A西0058------東武バスウエスト-------5201--------新座

A西0059------東武バスウエスト-------5055--------新座(貸切)

A西0060------東武バスウエスト-------5116--------川越(貸切)

A西0061------東武バスウエスト-------5049--------上尾(貸切)

A西0062------東武バスウエスト-------5048--------上尾

A西0063------東武バスウエスト-------5054--------坂戸(貸切)

A西0064------東武バスウエスト-------5127--------天沼

A西0065------東武バスウエスト-------5040--------大宮

A西0066------朝日自動車----------------5002--------菖蒲

A西0067------朝日自動車----------------5014--------菖蒲

A西0068------朝日自動車----------------2328--------菖蒲

A西0069------朝日自動車----------------2210--------本庄(貸切)

A西0070------朝日自動車----------------2309--------加須

A西0071------朝日自動車----------------2082--------久喜(貸切)

A西0072------朝日自動車----------------2259--------久喜

A西0073------朝日自動車----------------2409--------越谷

A西0074------朝日自動車----------------2237--------越谷(貸切)

A西0075------朝日自動車----------------2135--------杉戸(貸切)

A西0076------朝日自動車----------------2311--------杉戸

A西0077------朝日自動車----------------2356--------加須

A西0078------朝日自動車----------------2357--------加須

A西0079------東武バスセントラル----5068--------草加(貸切)

A西0080------東武バスセントラル----2936--------草加

A西0081------東武バスセントラル----2916--------吉川(貸切)

A西0082------東武バスセントラル----2696--------三郷

A西0083------東武バスセントラル----9976--------三郷(貸切)

A西0084------東武バスセントラル----5084--------八潮(貸切)

A西0085------東武バスセントラル----2948--------花畑(貸切)

A西0086------東武バスセントラル----2964--------足立

A西0087------東武バスセントラル----6014--------葛飾

A西0088------東武バスセントラル----2900--------葛飾(貸切)

 

合計台数:88台

 

〇備考

(貸切)…国際十王交通朝日自動車:貸切登録車

    …東武バスウエスト東武バスセントラル:貸切兼用車

(特送)…特送車

 

 

〔あとがき〕

熊谷での試合開催は、9月6日(リポビタンDチャレンジカップ)、9月24日、29日と10月9日の合わせて4日間でしたが、その中で一番バスの台数が多かったのは、日本戦だったW杯の前哨戦となる9月6日の試合だったかと思います。4日間行われる輸送のうち、初回だったということと日本戦だったということが重なったことが要因でしょう。

一番乗客が見込まれる、熊谷駅近くのファンゾーン~熊谷ラグビー場の輸送は、4日間すべてが一般路線車(いわゆるフツーの路線バス)を使用しての運行でした。

籠原駅熊谷ラグビー場は、日曜開催となった9月29日のみ一般路線車が使用され、それ以外の3日間は観光・貸切車を使用して運行されました。

その他の、予約制バスとパーク&ライドは4日間とも観光・貸切車が使用されました。(確認できなかった範囲で一部例外があるかも…?)

200台近いバスが使用されたと書きましたが、その全ての車両に「熊谷ラグビー場」と書かれたバスマスクが装着されていました。これが今回の輸送の見どころの一つだったかと思います。

 

今回の記事をPART.1と題して、以降は事業者ごとに写真をまとめて掲載していきす。

 

 

Next......

PART.2 【国際十王交通編】

                Coming soon.......

バスまつり2019 in 豊洲

2019.09.28 Sat.

【バスまつり2019 in 豊洲

東京都江東区 豊洲市場6街区にぎわいスペースに於いて、東京都交通局主催の「バスまつり2019 in 豊洲」が開催されました。

毎年9月20日の“バスの日”に合わせて開催されているイベントですが、例年会場となっている晴海客船ターミナルが来年の東京オリンピック工事の関係で使用できず、今年は会場が豊洲市場となりました。

また来場者アクセスとして、豊洲市場6街区にぎわいスペース→国立がん研究センター(築地市場駅)→勝どき駅豊洲市場6街区にぎわいスペースのルートで臨時バス「祭20系統」が初めて運行されました。

祭20系統には、引退の近い古参車や燃料電池バス、フルフラットバス、天気の子広告車などマニア向けの濃ゆ~い車両が集結して走っていました。

 

イベントには、都営バスの他、昨年までも参加している東急バス、小田急バス関東バス(東京都)に、新たに国際興業と西武バスの2社が参加しました。

(昨年まで参加していた京王バス京急バスは今年は参加せず。)

 

 

 

と、あたかも写真いっぱい撮ってきましたよ的なノリの文章ですが、写真は殆ど撮ってません。

物販メインで行ったので、重たいカメラを持って行きませんでしたので、コンデジで撮影した写真を数枚紹介しておきます。

 

f:id:JBUS2017:20190929214426j:plain

 

f:id:JBUS2017:20190929214519j:plain

 

f:id:JBUS2017:20190929214513j:plain

【特集】木下大サーカス(埼玉公演) バスマスク

【特集】木下大サーカス(埼玉公演) バスマスク

2019(令和元)年6月29日~9月23日まで、さいたま市緑区美園にて「木下大サーカス(埼玉公演)」が開催されました。

このPRとして、開催地の近隣地域を走る、朝日自動車東武バスウエスト国際興業の一部車両に、木下大サーカスのバスマスクが装着されました。

3社ともバスマスクのデザインは共通となっています。

 

各社とも、かなりの台数にバスマスクが掲出されており(特に国際興業)、全てを一度に紹介するのはかなり厳しいです。

なので、当ブログでは、朝日自動車においてのバスマスクについて特集します。

 

今回の木下大サーカスのバスマスクは、越谷営業所の大型車と中型車の一部車両に取り付けられています。

いずれも、浦和美園からほど近い越谷市を中心に走る車両です。

 

●大型車(2台)

・5007号車

f:id:JBUS2017:20190705215729j:plain

 

・5008号車

f:id:JBUS2017:20190705215751j:plain

 

 

●中型車

・2273号車

f:id:JBUS2017:20190705215959j:plain

 

・2280号車

f:id:JBUS2017:20190705220205j:plain

 

この他、2256,2362,2377にもマスクが装着されているのを確認しました。

 

 

 

〔あとがき〕

このマスクが装着され始めたのは、今から約3ヶ月前の6月下旬からでした。

そして、この記事の作成に取り掛かったのは7月上旬です。

木下大サーカス埼玉公演も、今日(9月23日)で終演ということで、マスク装着も解除となるでしょう。(※5008のみ、9月6日のラグビーW杯輸送に駆り出された関係で、他の車よりも早くマスク解除となりました。)

当初は3ヶ月あれば、朝日自動車の全てのマスク装着車を記録することは出来るだろうと思い記事を書き始めていたのですが、結果として出来なかったということです。

メモを取っていなかったので、この記事に記載した7台で全てだったのかという記憶も定かではありませんが…

さいたま市浦和美園地区 自動運転バス実証実験

2019.09.02 Mon.~09.06 Fri.

さいたま市浦和美園地区 自動運転バス実証実験】

埼玉高速鉄道株式会社、(一社)美園タウンマネジメント、国立大学法人群馬大学イオンリテール株式会社、国際興業株式会社、日本信号株式会社は、2019(令和元)年9月2~6日の5日間に渡り、さいたま市浦和美園地区の公道で自動運転バスの実証実験を行いました。

 

実証実験は、各日10時~12時、13時~15時の毎時2本行われました。

実験車両は、日野自動車のポンチョです。屋根上にレーザーセンサ、全方位カメラ、位置情報受信機が搭載されています。

実証ルートは、浦和美園駅東口→埼玉スタジアム東駐車場→木下大サーカス会場(医療・福祉施設予定地)→イオンモール浦和美園浦和美園駅東口の1周約4.5㎞です。

 

 

・今回の実証実験には、浦和美園エリアで乗合路線バスを運行する国際興業バスさいたま東営業所から運転士3名が派遣され、実験車両も国際興業バスの車両をイメージした緑色のラッピングが施される。

f:id:JBUS2017:20190907211841j:plain

 

 

・車体の側面各所には実証実験に参加している企業・法人の名前が入っている。

f:id:JBUS2017:20190907212519j:plain

 

 

浦和美園駅東口ではロータリー内の、普段は高速路線バス・スクールバスが発着する乗り場から発着。

f:id:JBUS2017:20190907212704j:plain

 

 

〔あとがき〕

遠目で見ると、国際興業バス…? と思ってしまいますが、白ナンバー

この車両は、群馬大学が所有する自動運転バスです。(前橋ナンバーなのはコレが理由)

本来は真っ白な車体なのですが、前述したように国際興業バスの車両をイメージした緑色のラッピングが施されていて、遠目では完全に国際興業バスです。

 

テレビのニュースでも報じられていましたが、自動運転バスですが、あくまでも実証実験なので、運転席には運転手が乗車しています。

運行中は、ハンドルからは手を離しており、公道上での実験ということでもしもの時に備えているということです。

公道上を走行する際は時速25㎞、私有地内は時速8㎞の速度で運行され、公道上では法定速度よりもかなり緩やかな速度で運行されてました。

実証実験には、関係者の他にも一般募集で応募した方も乗車することができました。

 

f:id:JBUS2017:20190907214253j:plain

今後の更新について

いつもご覧いただきありがとうございます。

「前略~バスについて…」管理人 junctionです。

今回は、今後の当ブログの更新についてのお知らせです。

 

2019年3月26日から連日夜8時に新規記事の投稿を行っていましたが、諸般の事情により今後当面の間は不定期更新とさせていただきます。

 

ご理解の程、宜しくお願い致します。

 

 

なお、前述の通り“不定期更新”ですので、“更新停止”ではありません。

今後近いうちにも、幾つかの特集記事投稿の構想はありますので、ブログ更新の際は私のTwitterアカウント(@7r02kk9)でツイートにてお知らせします。

不定期更新ではありますが、出来る限り更新は行います。

その際には今までと変わらずアクセスして頂ければと思っています。

 

+αのお知らせ

更新についてのお知らせとは直接的には関係ないのですが、あまりお知らせを書く機会が無いので合わせてこちらに綴っておきます。

以前から、ブログタイトル及び、記事内において「〇〇〇〇号車」というような表現を多く用いていましたが、私自身もこの表現にはやや違和感があったことは事実です。

事業者によって社番の用いり方はそれぞれ異なります。

 

・社用車であることを示す“社”を冠して表す事業者 (東武バスグループ・朝日自動車グループなど) 例:社2702

・単に数字だけを用いて表す事業者(国際興業、京成バスなど) 例:8101

・数字とアルファベットを用いて表す事業者(東京都交通局関東鉄道など)   例:9380TC

 

例に挙げた3パターンの何れの場合においても、“号車”という表現を用いている事業者はあまり無いのが事実です。

当ブログでは、ブログ開設当初から号車という表現を用いて社番を表記しており、今更改めるのも…という思いもありつつ、号車という表現から変更すべきだという思いもありましたが、開設当初からの惰性で社番における号車という表記から特段変更することはしていませんでした。

 

最近になり、直近の更新記事から随時、社番の表記に号車という表現を用いず、例に挙げたような表記に変更しました。

今後、徐々に過去の更新記事においても同様に表記を変更していくつもりです。

それまでは、表記が混在しますが上記のような理由になります。

 

本題の今後の更新についてよりも、社番表記についての話がやたら長くってしまいました。

f:id:JBUS2017:20190904232557j:plain