前略~バスについて…

掲載写真は基本的に更新日から半年前以内の撮影です。

朝日自動車 1058

f:id:JBUS2017:20191206231632j:plain

所属-朝日自動車越谷営業所

社番-1058

登録ナンバー-春日部200 か・493

型式-日野ポンチョ  BDG-HX6JLAE

年式-2007年

 

 

朝日バスで日野ポンチョの導入が始まったのは、この社1058が導入された2007年です。

日野ポンチョなんてつい最近出てきた車種のような気がしますが、最古参となる同車では12年選手ということになります。

越谷営業所管内では、いすゞジャニーJ,日野リエッセを見かけることもかなり減り、初期に導入された日野ポンチョが置き換え対象となり、他営業所に転属していく日もそんな遠くないのかも…と思ってしまいます。

東武バスウエスト 5144

f:id:JBUS2017:20191204162721j:plain

所属-東武バスウエスト大宮営業事務所

社番-5144

登録ナンバー-大宮200 か2512

型式-日野ブルーリボン  QKG-KV290N1

年式-2016年

 

 

いすゞエルガ・日野ブルーリボンフルモデルチェンジ後、2016年に大宮営業事務所へ2台(社5143,5144)導入された新型日野ブルーリボンです。

東武バスセントラルでは、フルモデルチェンジ後しばらくの間は、日野自動車製の車両を中心に導入している草加営業事務所・八潮営業所の2拠点へも新型いすゞエルガを導入していましたが、東武バスウエストでは当初から新型日野ブルーリボンを導入しています。

ジャパンタローズ No,121

f:id:JBUS2017:20191206212935j:plain

所属-ジャパンタローズ

登録ナンバー-春日部230 あ・121

型式-三菱ふそうエアロミデイ  KK-MJ27HL

年式-2004年

 

 

当ブログでは久し振りの紹介となるので、改めて基本情報から掲載します。

ジャパンタローズ」は、鉄道空白地帯の埼玉県北葛飾郡松伏町に本社を置く、丸和運輸機関(桃太郎便)の関連企業です。一般路線バスと貸切バスを運行しています。

一般路線バスは、南越谷線、吉川線、越谷レイクタウン線、吉川線の4路線を運行しています。

過去には、浦和美園線、せんげん台線、大杉公園通り線、上間久里循環線の4路線も存在していましたが、浦和美園線は2019年7月1日に廃止され、その他3路線は2018年7月1日に休止されています。

休止となっている3路線は、あくまでも“休止”なので道路上にバス停も残存しているのが印象的です。

西武バス A9-415

f:id:JBUS2017:20191207171238j:plain

所属-西武バス大宮営業所

社番- A9-415

登録ナンバー-大宮200 か1895

型式-いすゞエルガ  PKG-LV234L2

年式-2009年

 

 

当ブログでは過去に西武バス大宮営業所を取り上げたことはありませんでしたので、既に1つ記事を投稿した後ですが簡単に紹介しておきます。

西武バス大宮営業所は、さいたま市を中心に隣接する富士見市川越市にも路線があります。

大宮駅を中心に見ると、大宮駅から西側のエリアが西武バス大宮営業所の運行エリアです。

配置車両は、いすゞ三菱ふそう製が目立ちます。

営業所には、西武観光バス大宮営業所が併設されており、高速バスと観光バスは西武観光バスが担当しています。

東京空港交通 605

f:id:JBUS2017:20191204105636j:plain

所属-東京空港交通羽田運行事業所

社番- 605-90851M06

登録ナンバー-品川230 あ9558

型式-三菱ふそうエアロエース  2TG-MS06GP

年式-2019年

 

 

当ブログでは初紹介となる、「東京空港交通」です。

羽田空港、成田空港を起点に、関東一円に空港連絡リムジンバスを運行しています。

また、空港内でのランプバスも運行しており、運行範囲が限定されている特徴的な車両も多く在籍しています。

 

写真の車両は、2019年9月導入の最新型で“新顔エアロエース”と呼称されている車両になります。

私自身、新顔エアロエースを撮影したのは他社を含めてもこの車両が初めてでした。

東武バスセントラル 5253

f:id:JBUS2017:20191125200529j:plain

所属-東武バスセントラル草加営業事務所八潮営業所

社番-5253

登録ナンバー-春日部200 か・953

型式-日野ブルーリボン  2TG-KV290N3

年式-2019年

 

 

2019年秋の新車導入シーズンとなり、大型車第1号として11月中旬、八潮営業所に社5253が配置されました。

規制記号が2TG-となり、ドライバー異常時対応システム(EDSS)を搭載、テールランプがLEDとなっているなど変化が見られます。

そして、今シーズンの新車の大きな特徴は、東武バス伝統のいわゆる“お化けミラー”からメーカー標準仕様のミラーになっていることです。

大型車に先立って10月上旬に西柏営業事務所に導入された中型車(いすゞエルガミオ)でも、メーカー標準仕様のミラーとなっていることから、今後の東武バスのスタンダードとなるのでしょうか。

 

社5253導入に伴う八潮営業所での除籍・転属などは、11月下旬時点で発生していません。

順当に代替されるならば、社2645(KL-LV280L1改)が置き換えとなりますが、10月の事故で社2727が運用を離脱していますので、現状はその補填分となっているかと思います。

西武バス A0-502

f:id:JBUS2017:20191204113133j:plain

所属-西武バス大宮営業所

社番- A0-502

登録ナンバー-大宮200 か1979

型式-いすゞエルガ  PKG-LV234N2

年式-2010年

 

 

大23:大宮駅西口~西遊馬で運行されていました。

「西遊馬」は初見では中々読めませんが、「にしあすま」と読みます。